1. TOP PAGE
    2. ハワイ乗馬ツアー

    ハワイ乗馬ツアー

    ■ハワイを体験する乗馬ツアー

    ハワイの様子

    楽園ハワイと言えばワイキキビーチのあるオアフ島、火山活動が今も続くビッグアイランド・ハワイ島の2つになりますが、両島ともに、牧場が点在し、また乗馬用に管理された馬も多く、初めて乗馬をされるお客様から、中上級者様まで、リゾート気分を満喫しながら乗馬をお楽しみ頂けます。ローカルの乗馬アテンダーも皆様のレベルに合わせてご案内します。ご滞在するホテルは、すべてリゾート型なので、ビーチでのんびりしたり、ドルフィンレクチャー≪イルカと触れ合う体験≫やクルーズ、ショッピング等にも、ぜひ足を延ばしては如何でしょうか。ハワイでの乗馬は、自分らしい旅を演出してくれます。マハロ―‼≪オアフ島・ハワイ島≫

    ハワイの様子 ハワイの様子

    TOUR LINE UP

    乗馬が初めてのお客様(初心者)向け

    乗馬が初めてのお客様(初心者)向け

    オアフ島:のんびり過ごすワイキキ&初めての乗馬体験

    乗馬経験はないけどハワイに行って乗馬したい、乗馬クラブに通い始めたけど外乗した事が無いという方、心配はいりません。超初心者様の乗馬ファン向けに、ハワイアンスピリッツを満喫して頂ける乗馬ツアーです。乗馬の他にも、ホテル前に広がるワイキキビーチでリゾート気分を味わえ、普段とは違うハワイ旅行がお楽しみ頂けます。友達同士やご家族と・・・ぜひ、ご旅行下さい。習うより、慣れる事が肝心です‼
    ツアーNO. H-1
    ツアー名 オアフ島:のんびり過ごすワイキキ&初めての乗馬体験(初心者様用コース)
    ツアー実施時
    の費用例
    160,000円~※但し2名様~の金額

    ※お問い合わせの際にツアーNo.をお知らせください。

    ツアーの内容を詳しく見る
    ツアーの流れ(1例)
    1日目

    -ハワイのホノルルへ出発-

    1日目の様子

    午後~夜、新千歳・成田・羽田・関西各空港からホノルルへ出発。翌日の朝到着したら、その日は終日フリータイム。リゾート気分を満喫しましょう。

    2日目

    -乗馬体験スタート-

    2日目の様子

    いよいよ乗馬体験がスタート。まずは乗馬に慣れるところから始めます。カネオヘ湾、古代養魚池を見渡せる絶景の森を乗馬でゆっくりと散策。

    3日目

    -美しい景色を楽しむ海辺乗馬-

    3日目の様子

    この日はノースショアのハレイワ・タウンへ。タートル・ベイ海岸沿いの美しい景色を満喫しながらの乗馬は最高です。

    4日目

    -乗馬で巡る迫力の大自然-

    4日目の様子

    4日目は陸を思いっきり楽しみましょう。太平洋の絶景と映画『ジュラシックパーク』のロケ地を乗馬で巡ります。

    5,6日目

    -帰国-

    5,6日目の様子

    5日目の午後、ホノルル空港を出発。6日目の午前、各空港へ到着後、ご帰国となります 。

    • ※オアフ島のハワイ乗馬ツアーは、初めて乗馬体験をされる、初級程度の乗馬体験を目的とした乗馬体験ツアーです。
    • ※関空発:6月28日以降のLCC便にて、ご旅行される場合、上記の受注企画旅行が、5~7万円前後お安くなります。
    ハワイの様子 ハワイの様子 ハワイの様子
    乗馬経験があるお客様(中級者)向け

    乗馬経験があるお客様(中級者)向け

    ハワイ島・ビッグアイランドの聖地コハラを巡る乗馬ツアー(ヒルトン・ワイコロヴィレッジ滞在)

    ハワイ島の西側、コナ空港から程近い、ワイコロアをベースに、コハラ高原の牧場で、乗馬を行います。外乗は初めてでも、乗馬経験がある、外乗を中心に中級を目指しているお客様向けの、ハワイ乗馬ツアーとなります。展望台のあるマウナケアの反対側に位置する、コハラ高原の広大な牧場に放牧された牛の向こうには、コナの海岸線やマウイ島が一望でき、何度も訪れたくなる魅惑のパワースポットでもあります。ご滞在先のホテル内でのリゾートアクテイビテイーもお楽しみください。
    ツアーNO. H-2
    ツアー名 ハワイ島・ビッグアイランドの聖地コハラを巡る乗馬ツアー(中級者様用コース)
    ツアー実施時の費用例 290,000円~※但し2名様~の金額

    ※お問い合わせの際にツアーNo.をお知らせください。

    ツアーの内容を詳しく見る
    ツアーの流れ(1例)
    1日目

    -ハワイ島のコナへ出発-

    1日目の様子

    夜、羽田空港からハワイ島のコナへ出発。日付変更線をまたいで到着したら、その日は終日フリータイム。溶岩石に囲まれたハワイ島で非日常を満喫します。

    2日目

    -ピクニックライド-

    2日目の様子

    まずはコハラ馬に慣れることから始めます。貿易風の心地よい風の中、ハワイの景観に浸りながら、乗馬の乗り降りや操作方法などの基本を確認します。

    3日目

    -ピクニックライド2-

    3日目の様子

    コハラやコナの海岸線、マウナケア、マウイ島が見渡せる景色ポイントを乗馬で巡ります。途中、見晴らしのいい場所でピクニックランチを楽しみます。

    4日目

    -ラングラーライド-

    4日目の様子

    広大な牧場内の海岸線が見渡せるポイントまで乗馬で出かけます。ガイドの判断でレベルに応じて一部キャンターを行います。

    5,6日目

    -帰国-

    5,6日目の様子

    午後、チェックアウトを済ませ、コナ空港へ。日付変更線を超えて羽田空港へ到着後、帰国となります。

    • ※ハワイ島乗馬ツアーは、中上級者様向けに、走る事を目的としたプログラムで、牧場インストラクターがレベルに応じて、その都度、速度や走れる場所を指示し、一緒に乗馬で進みます。
    乗馬経験があるお客様(中上級者)向け

    乗馬経験があるお客様(中上級者)向け

    パワースポット・ハワイ島を駆け巡る乗馬ツアー(ヒルトン・ワイコロヴィレッジ滞在)

    ハワイ島の西側、コナ空港から程近い、ワイコロアをベースに、広大な、コハラ高原の牧場で、中上級者様だけのオリジナルなハワイアン乗馬。展望台のある4000m級のマウナケアの反対側に位置するコハラ高原の広大な牧場からは、コナの海岸線やマウイ島まで走り抜けるような感触を手にする事ができるでしょう。
    ツアーNO. H-3
    ツアー名 パワースポット・ハワイ島を駆け巡る乗馬ツアー(中級者様用コース)
    ツアー実施時の費用例 310,000円~※但し2名様~の金額

    ※お問い合わせの際にツアーNo.をお知らせください。

    ツアーの内容を詳しく見る
    ツアーの流れ(1例)
    1日目

    -ハワイ島のコナへ出発-

    1日目の様子

    夜、羽田空港からハワイ島のコナへ出発。日付変更線をまたいで到着したら、その日は終日フリータイム。溶岩石に囲まれたハワイ島で非日常を満喫します。

    2日目

    -ピクニックライド-

    2日目の様子

    貿易風の心地よい風の中、ハワイの景観に浸りながら、まずはコハラ馬に慣れることから始めます。午後からガイドが判断した所々でキャンターを行います。

    3日目

    -ラングラーライド-

    3日目の様子

    広大な牧場内の海岸線が見渡せるポイントまで乗馬で出かけます。ガイドが判断した所々でキャンターを行います。

    4日目

    -ラングラーライド2-

    4日目の様子

    マウナケア、マウイ島が見渡せる景色ポイントを乗馬で出かけます。ガイドが判断した所々でキャンターを行います。

    5,6日目

    -帰国-

    5,6日目の様子

    午後、チェックアウトを済ませ、コナ空港へ。日付変更線を超えて羽田空港へ到着後、帰国となります。

    • ※ハワイ島乗馬ツアーは、中上級者様向けに、走る事を目的としたプログラムで、牧場インストラクターがレベルに応じて、その都度、速度や走れる場所を指示し、一緒に乗馬で進みます。
    乗馬クラブ・団体組織様へ

    オアフ島ハワイ島の乗馬ツアーをクラブで旅される場合、現地手配のみも承っております。ハワイ乗馬ツアー受注型企画旅行は、お問合せ下さい。

    フリーダイアル 0120-552-152

    ATTENTION  必ずお読みください

    海外旅行傷害保険
    必ずお入りください。

    ここでは、アメリカで事故や、怪我があった時のお話をします・・救急車やドクターヘリ、診察治療や看護、すべてにお金がかかります。落馬で、意識もうろうしてても、必ず問いかける事があります。あなたは、カード(クレジットカード)有りますか?払う能力有りますか?! *無い場合は、置いて行かれます。

    さすが、すべて自己責任の国、アメリカです。このハワイ諸島では島国の重大事故時、緊急搬送方法は、ドクターヘリです。ドクターヘリの場合、1時間5000ドル位、最低でもかかりますから、万が一にも、ハワイ島で、重大なアクシデントが合った場合、ヒロの町まで往復で運ぶか、オアフ島へ往復6時間で運ぶか?のどちらかです。いずれも莫大なお金がかかります。*救援者費用(カード保険の場合、保証額が少ないといった事例を聞きます)

    多少の怪我でも、病院までの搬送料(車代)診察費だけでも、2000ドル位請求されます。これまでの、経験者様の話や、事故例を参考にしても、一緒に来ている友人や残されたご家族、手配先の旅行会社も勿論ですが大変な心配や思いだけでなく、労力や出費をします。関係者への負担をなくすだけでなく、ご自身の命も保険に入る事によって、カバーされます。*ハワイ州法令により、現地の乗馬クラブで、自己責任における念書なる覚書にサインを求められます。

    これにサインしないと、乗馬は出来ません。予約前にご説明しますが、予めご了ください。

    それはそうと、海外では、自分の身は自分で守ろう!が鉄則です!スリや置き引き、荷物の保証も付いてるので必ず、保険に入ってから飛び立ちましょう!! マハロ~

    SNS